RMic

再生医療事業部

運動器の障害は、スポーツ時のみならず日常生活においても男女問わず幅広い世代に生じえます。一般的な怪我とは異なり膝十字靭帯などは自然治癒力が極めて小さいため、治療には外科手術と長期間にわたるリハビリが必要となり、患者様にとっては大きな負担となります。

当社では靭帯損傷に対する新しい治療法の開発を目指し、慶應義塾大学医学部生理学教室・整形外科学教室と共同で研究を進めております。

また再生医療の発展に資する技術として、遺伝子発現制御ツールを開発しております。

ヘルスケア事業部

アスリートが最適なパフォーマンスを発揮するためには、その競技特有の動作に合わせた身体の使い方が必要です。弊社の経験豊富なトレーナーは、競技ごと、選手ごとに最適なプログラムを組むことで、アスリートのパフォーマンス向上に貢献しております。

怪我や加齢による衰えは、関節症などの運動器機能障害へと繋がり、その兆候は個人の動作に癖として表れます。弊社の経験豊富なトレーナーは、観察や触診を通して、関節や筋肉の状態を見立てる技術を有しており、それぞれに適したプログラムを組むことで、運動器機能の改善に貢献しております。

・アスリート向けのパフォーマンス向上プログラムを提供しております。

・高齢者向けに動作改善(歩行能力向上、バランス能力向上、俊敏性向上、関節痛軽減など)プログラムを準備しております。