Health Care ヘルスケア部門

動作解析診断
アプリケーションの開発

運動器に凝りや痛みが現れるとき、その多くはバランスの欠いた日常動作の癖に原因があります。日常動作の癖が習慣化されると、連鎖的に更なる凝りや痛みを誘発し、特定の筋肉や関節に負担を与えるようになります。これらの原因を探る為には静止時及び動作時における骨格の位置や筋肉の動かし方を読み解く必要があります。当社では医学的・力学的所見を取り入れ、バイオメカニクス分野における解析を慶應義塾大学の名倉教授と共に行い、またトップトレーナーの知見を活用した取り組みを行なっています。

動作の定量化を図るためには、動作解析機器であるモーションキャプチャー技術が有用です。モーションキャプチャーとは、現実の人物や物体の動きをデジタル的に記録する技術であり、従来これらの機器は主に研究分野の要望にあわせた特定部位の測定か、単純な関節角度を測定するために使用されてきました。これに対して当社では、身体全体のバランスを測定し関節の捻じれや歪みも可視化します。

動作解析診断プログラムの開発

専門医紹介と
改善プログラムの策定・指導

運動器に故障を来した場合、症状に合わせた治療やトレーニングが必要となります。一方で、整形外科医の専門は肩、膝、手など各運動器ごとに細分化がされています。

当社では、慶應義塾大学医学部スポーツ医学総合センター前教授であり公益財団法人日本スポーツ医学財団・理事長の松本秀男医師をはじめとしたスポーツドクターとの面談を通じて、病状に合わせて当社が選定した各運動器の専門医を紹介いたします。また、医師との連携のもと、トップトレーナーによるカウンセリングを行い、オリジナル動作解析診断プログラムの結果に基づく運動器機能改善プログラムの提供を行います。詳しくはお問い合わせください。

サービスプログラム

  • ・病状にあわせた専門医の紹介
  • ・動作解析診断の実施
  • ・オーダーメイド型改善プログラムの策定
  • ・トップトレーナーによる継続的な改善プログラムの指導
お問い合わせフォーム

動作解析用医療機器の販売

動作解析診断プログラムは、モーションキャプチャー技術を駆使した医療機器に適応しています。当該医療機器につきましては、お問い合わせください。